やっぱり新聞は大切

スマホ、タブレットが流行り出して、ツイッター、フェイスブックなどソーシャル・ネットワークが流行りました。

 

そういったソーシャル・ネットワークで、情報が拡散され、自分で取りに行く事が減りました。
でも、それって、裏を返すと、情報を取りに行く方法を忘れている。

 

という大事な部分に直結します。
あとは、情報の感度、アンテナが下がります。

 

多くの人が拡散してるから、この情報は、重要だ!
という判断基準になると、それ以外がわからない。

 

新聞のわずかなスペースに書かれていたことが意外と重要で、後々大きな問題になることも珍しくありません。

 

情報の感度が落ちないように、意外と自分から探しにいく姿勢が大事です。

 

そういう感度を上げるのに、一番適しているのは新聞ですね。

 

これはいつの時代も変わらないものです。

 

大きく、トップ1面で扱われているものもは、知っておくべき事が多いですが、紙面にはそれ以外の情報もたくさん載っています。

 

この中から、あなたが重要だと思う記事だけを読むことも重要です。

 

朝見た記事が、夕方、ツイッター、ソーシャル・ネットワークで拡散されていると、これ、俺も大事だと思ったけど多くの人もそう思ったか?

 

というふうに、自分の間隔をやしなうことが出来ます。

 

これは、物事の本質を捉えるチカラに似ています。

 

社会人として、かなり需要で、これが養われると、仕事のスピードも格段に上がり、結果も早く出るようになります。

 

出来る男の仲間入りですよね。

 

今なら、朝日新聞デジタルがオススメです。
ネット版が追加で月々500円で読めます。

 

紙面をそのまま、スマホ、タブレットで読めるので便利ですよ。

 

朝日新聞デジタルは、朝デジで検索