朝日新聞デジタルの有料でできること

朝日新聞デジタルは無料でも読む事が出来ます。
普通に読む人にとっては無料でも十分かもしれませんが、有料会員もあるようです。
有料会員になると何が出来るのでしょうか。

 

見てみると、まず違う点が、有料記事というものが存在してそれを読む事が出来るということです。確かに、元から記事を有料限定としているのであれが勿論、無料では読むことが出来ません。

 

他には、紙面ビューアーといって、まるで本物の新聞のように画面に表示して読むことが出来るのです。いつも紙の新聞を読みなれている人にとっては、どこに何が書いてあるかが分かるので、紙面ビューアーが出来ると便利になります。

 

他には、過去の記事を読むことが出来るようです。
無料では、件数が限られるのですが、有料では1年分を好きなだけ読むことが出来ます。

 

料金を見てみると、二種類ありました。
もし、家で紙の新聞を購読していると、このデジタル版を一緒に読もうとすると1000円で登録が出来ます。
紙の新聞は購読していなくて、このデジタル版だけを登録しようとすると3800円になるようです。
どちらにせよ、本当の新聞も読むことが出来るので、良いですよね。
せっかく、有料で読むなら毎日しっかりニュースを把握できそうです。

朝日新聞デジタルの画面を見てみました

新聞では出来るけども、このネットだからこそ、出来ることを見てみました。

 

まずは、天気予報です。
自分の地域の詳しい天気予報を見ることが出来ます。
新聞だと小さく天気予報欄があるだけなので、ネットのほうがよく見えます。

 

次に星座占いです。自分の星座を登録しておくと、いつも画面に自分の運勢が表示されるようです。
いちいち毎回、自分の星座を選択して探す手間もなく、始めの画面で観れるのがとても便利です。
他には、交通情報もあります。
自分のよく使う電車を登録しておくと、もし、遅延情報などがあったりすると、画面に出てくるようです。
これは、紙面では絶対に出来ないので、デジタルならではの良い点です。

 

あとは、新聞でよく読むところですが、地域版です。
自分の地域を設定しておくと、地域のところに、設定した地域の記事が表示されるようになっています。
地域版というのはとても気になるので、これがすぐ見れるというのはとても良いですね。

 

紙ではなくて、デジタルだからこそ出来ること、結構あるので、是非一度、ネット版を読んでみると便利さに気づけるかもしれません。

 

OLさんや主婦の方もスマホで読むことが出来るので、新聞離れしている人もこれから手軽に読むことが出来ますね。

 

朝デジなら朝日新聞デジタル